種のおはなし of daishinrin

               

種のおはなし

本来の“普通の”タネ。『原種』/『固定種』/『在来種』のタネ。

『大森林』では種にこだわっています!

お勧めしているのは本来の“普通”のタネである『原種』/『固定種』/『在来種』のタネです。

これらのタネは植えると芽が出て花が咲き実がなり、タネを採って植えれば翌年もその次の年も毎年ちゃんと育ちます。

今、普段われわれがスーパーや八百屋さんで買っている野菜はそのほとんどが『F1種』というタネから育ったものです。

現在の『F1種』は雄性不稔技術という手法を使われたものが多いといわれています。雄性不稔とは葯(やく)や雄しべが退化して、花粉が機能不全になることです。遺伝子的に欠陥のある個体を選んで栽培し、それと必要な品種の掛け合わせで作られた野菜です。
『大森林』はこの技術で出来た野菜は健全な野菜ではないと考えています。また、この技術に“美”を感じません。

健全な種から育った野菜たちを食べて、イキイキワクワク日々を生きて行きたいですね!