粘土団子 of daishinrin

               

粘土団子とは

自然農法の提唱者、故・福岡正信氏が発案されました。

粘土に数~数十種類の種を混ぜ、団子状に して乾燥させたものを地面に蒔く種まきの方法。

ただ土の上に置くだけで、水 も肥料も必要としません。

砂漠の緑化に効果的だと言われています。

低コストで大きな効果を期待できるこの手法は既に インド、フィリピン、ギリシャ、タンザニア、ケニアなどで効果を上げています。

『NGO大森林』では野菜づくりに使っています。


粘土団子の特徴は

・ 粘土は細菌の繁殖を防ぎます。

・ 粘土は発根に必要な養分を含みます。

・ 種子を粘土で覆うことにより鳥や虫に食べられません。

・ 種子自身を乾燥から守ります。

・ 球形にすることにより割れにくく、日中と夜との気温差で生じた結露により水分が付着
 し、その水分に種が反応し発根します。

DSC00565-粘土団子W.S-(改).jpg
PA0_0280.JPGPA0_0337.JPG
PA0_0267.JPGDSC00763-02.jpgDSC00744.JPG